土壌汚染調査が土地の売買おいて重要視されている理由

土壌汚染調査を専門業者へ依頼!土地の安全性を確保するために

ロゴ

土壌汚染とは

土壌汚染とは、工場等で使用された有害な化学物質や排水などが地面に浸透し、土壌に蓄積されている状態のことを指します。最近では、主に地下水を通じて土壌汚染するというケースが多く見られており、様々な経路で人体に影響を及ぼす可能性があります。特に汚染の可能性が高い土地は製造工場、農用地、病院・研究施設などが代表的です。

土壌汚染調査が土地の売買おいて重要視されている理由

工事現場

土壌汚染対策法

現代において何故、土壌汚染調査が必要だと言われているかというと土壌汚染対策法と呼ばれる法律が関係しています。土壌汚染対策法は、土地汚染の状況の把握、土壌汚染による人や環境への被害を防止することを目的としており、土地の売買において土壌汚染調査が重要視されるようになった理由の一つです。この土壌汚染調査は誰が調査義務を負うのかというと、その土地の所有者および管理者、占有者とされています。

土壌汚染調査の内容

土壌汚染調査が必要になった場合には、地盤調査や土壌汚染調査に対応している専門業者を雇う必要があります。

土壌汚染調査では既存の地形図や地質図や近隣のボーリングデータを収集し、依頼した場所の地質を調査します。また、場合によっては現地調査を行い、土地が汚染されていないかをチェックします。これで問題なければ調査は終了ですが、土壌汚染が確認された場合、工事によって土壌汚染の問題を解決させる必要があります。

土壌汚染調査が必要とされるシーン

購入したい土地がある

土地の購入前に土壌汚染調査を行なうことで、土壌汚染の有無を確認することができます。その結果、土壌が汚染しているような土地や物件の購入を回避することができます。購入側からみれば、土地の安全性は必ずチェックしておきたいポイントなので、土壌汚染調査を行っていない場合にはオーナーや管理会社と相談しておきましょう。

所有している土地を売るため

ご自身が所有している土地を売却する場合、買い手から地盤調査や土壌汚染調査を要求されることも多いです。もちろん、土地の大きさによっては必ず土壌汚染調査が必要というわけではありません。しかし、安心して土地を購入してもらうため、後々のトラブルを回避するためにも土壌汚染調査を依頼しておくことをおすすめします。

不動産評価を得るため

不動産に仲介してもらう時にも土壌汚染調査は必要だと言われています。やはり土壌汚染調査や地盤調査の有無で買い手からの反応が異なり、土壌汚染調査を行った土地の方が売れやすいです。そのため、不動産評価を得るためにも土壌汚染調査は依頼しておくべきでしょう。