土壌汚染調査に関連する記事

工事現場

土壌汚染調査が土地の売買おいて重要視されている理由

住宅や土地を売買するときに、「土壌汚染調査」というワードを聞いたことはありませんか。土壌汚染調査は現在、法律によって定められており、今では土地の売買に欠かせない調査になりました。こちらのページではそんな土壌汚染調査に関する情報を記載しています。

READ MORE

重視されている規格

今では世界的にも規格を重視している企業も多く、電子・電気機器をはじめ、様々なものを分析機関にて依頼する企業も増えています。その中でも依頼が多いメジャーな分析の種類をこれからランキング形式でご紹介していきます。

依頼が多い分析ランキング

no.1

REACH分析

REACH分析ではEUが制定した化学物質規制法の一つである、REACHに基づいた高懸念物質を分析することができます。このREACHによって高懸念物質と指定された化学物質は現在、174項目と膨大な数になっており、様々な化学物質をREACH分析にて調査することが可能です。また、REACH分析では単一素材の分析だけでなく、成形品や完成品の分析にも対応しているために分析機関でも依頼が多いです。

no.2

Rohs分析

Rohs分析では、EUのRohs指令によってコンピューターおよび通信機器や家電などの電子機器で使用が禁止されている有害な危険物質を分析することが可能です。Rohs分析で調査できる物質には鉛・水銀・カドミウム・六価クロム・ポリ臭化ビフェニール・ポリ臭化ジフェニルエーテルの6種類に加えて、改正Rohsで追加されたフタル酸エステル類の四種が挙げられます。

no.3

フタル酸エステル分析

フタル酸ブチルベンジルをはじめ、フタル酸16種を分析することができるのがフタル酸エステル分析になります。このフタル酸エステルは可塑剤に含まれている物質でシックハウスの原因とも言われています。そのため、日本では全てのおもちゃにおいて、フタル酸ジニエチルヘキシル、フタル酸ジブチル、フタル酸ブチルベンジルの物質が規制されています。

no.4

ハロゲン分析

ハロゲン分析では元素周期表において第17族に属している元素であるフッ素・塩素・臭素・ヨウ素などを分析することができます。これらの元素は電気・電子機器においての安全性に大きく関わっており、最近ではハロゲンフリーの技術も確立しているため、多く企業がこのハロゲン分析を依頼しています。

no.5

食品容器・包装分析

食品容器や包装の安全性を確保するために用いられる分析が食品容器・包装分析になります。この食品容器・包装分析で調べられる規制対象はプラスチック容器、ボトル、ホイル、ガラスをはじめ、他にも様々なものがあります。また、紙類は明確な規制があるわけではありませんが、内部をプラスチック類でコーティングしている場合には食品容器・包装分析が求められることも多いです。

REACH分析や土壌汚染調査を依頼しよう

ウーマン

様々な分析

現代では国際規格や環境マネジメントを重視している企業も多く、REACH分析をはじめとした数々の分析を分析機関にて依頼する企業も増えています。これらの分析は商品および製品の品質を管理するもので、安全性を確保するためにも必要な分析だと言われています。中でもREACH分析はEUが規制した高懸念物質が商品および製品に含有していないか調べることができる分析になります。

土地の問題

現在、環境の汚染などが国によって問題視されており、土壌汚染調査の必要性が高まりつつあります。それほど、今では土地の売買において環境の安全性は重要視されているのです。特に、製造工場や病院などが近いと土壌汚染のリスクも高いために、土壌汚染調査を求められるケースも多いです。もしも、土地の売買を検討しているのなら、事前に土壌汚染調査を専門業者へ依頼しておきましょう。